program

プログラム

集中型シリーズコース

マインドフルネスヨガ指導者養成講座
開催日:2019年5月20日(月)〜6月3日(月)

マインドフルネスヨガ指導者養成講座

 

 
ストレス軽減や集中力アップの効果から注目を集めるマインドフルネス。
 
 
マインドフルネスの定義は「瞬間・瞬間、起きていることを判断なく意識にあげる」こと。
 
 
「transtyle」のマインドフルネス講師養成講座は、通常のマインドフルネスの領域を超えて、お届けいたします。
まさに、ネクストレベルのマインドフルネス。
 
 
結局はマインドフルネスは、どこまでしっかりと感じ取れるかどうか(意識にあげられるかどうか)。 通常は、体を感じるという、これを物理空間のみでやります。
しかし、これを情報空間まで広げると、マインドフルネスの効果は倍増どころかもっと上がります。 (そもそも脳にとっては、全て情報空間なので、情報空間まで広げるということは若干ロジックエラーを起こしています)。
 
 
まず、物理空間、感じる力を育むと、これはこれで素晴らしい。
体は緩み、「癒し」をもたらし、二項対立の統合が起き、心の安寧が起きる。
そうすると、解放され、エネルギーがみなぎり、ひとり残らず全ての人が持ってる天才性を自然と発揮できるようになる。
 
 
まさに、 "Don’t think, just feel” なのです。
 
 
これは感覚神経を鋭敏にし、体性感覚野や島皮質の発火をしっかりと促せる脳の状態であることも大切。 これは物理空間の話ですね。
 
 
まあ、当たり前といえば当たり前。
と同時に、例えば、ミトコンドリアのレベルまで感じ取ろうとすると情報空間でのマインドフルネスになります。
 
 
他にも、働いてくれている内臓たち、腎臓を感じたり、食べたものが消化されるプロセス、吸収されるプロセス。
また、その食べ物を作ってくれた人たち、育ててくれた人たち。
また、その土壌を作ってる微生物。 それを支える地球。 などなどなど。
 
 
物理空間、つまり、体へのマインドフルネスは、感覚で。
情報空間、つまり、感じることのできない(あるいは難しい)領域へのマインドフルネスは、想像性と知性で行います。
 
 
また、感動的なのは、この想像性が創造性となるところ。 想像して意識に上げることで、脳の中で情報化される。 そうすると、脳がその情報を健康のために最適化する。 そうすると、その情報がカラダを書き換えて、健康になる。
 
 
まさに、想像力が創造力になるのです。 なので、情報空間までマインドフルネスを広げると、物理空間のみの時と比べて、体が明らかに元気になるのです。
 
 
しっかりと結果の出る「マインドフルネス」に科学的視点で、しっかりと取り組む3日間。
 
 
ぜひお待ちしております。
 
 
 
 
【日程】
2019年05月20日(月) 10:00~17:00
2019年05月27日(月) 10:00~17:00
2019年06月03日(月) 10:00~17:00
三日間集中講座
定員数:15名
 
 
◆参加費
138,240円(税込)
※クレジットカード事前払い、または銀行お振込みとさせていただきます。 銀行お振込みのお客様は、振込先口座のご案内メールをご確認のうえ一週間以内にお手続きくださいませ。
 
 
<開催概要>
□ 日 程:2019年5月20日(月)・5月27日(月)・6月3日(月)
□ 時 間:各日10:00-17:00
□ 受講費:138,240円(税込)
□ 場 所:ヨガ・瞑想トレーニングサロンtranstyle
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-7-1 ヨーロッパハウス5F
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線 麻布十番駅7番出口向かい 六本木ヒルズ至近
□ 講 師:中島正明
 
 
マインドフルネスヨガ指導者養成講座
受講料:138,240円
開催日:2019年5月20日(月)〜6月3日(月)

集中型シリーズコース 一覧