teacher

講師紹介

「transtyle」主宰・メイン講師

中島正明

Masaaki Nakajima

通っていた塾の先生の影響から、世界に羽ばたくことに憧れる子供時代を過ごす。
18歳で渡米。それから日本とアメリカを行き来する生活を送る。
そのうち、通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を始める。
帰国後、テレビ局などで通訳/翻訳業を生業としながらも、世の中のゆがみに気付き始め、環境保全活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。

いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。
その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。
そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。

個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、環境保全活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。
これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。

ヨガと瞑想を「最高峰の人間開発ツール」と位置づけ、様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、また、様々な学問的・科学的アプローチによって確実に結果の出るメソッド提供、楽しく笑いの絶えない場づくりが好評を博している。
現在はヨガ講師の養成を中心に、ほぼ毎日ヨガと瞑想を教える共に、ヨガと瞑想を深める自己研鑽の日々を過ごしている。

  • ヨガ・瞑想実践家
  • 全米ヨガアライアンス公認熟達500時間ヨガ講師(E-RYT500)
  • 全米ヨガアライアンス公認継続学習プログラム提供講師(YACEP)
  • 米国クリパルセンター公認クリパルヨガ・ティーチャー
  • 公認シバナンダヨガ・ティーチャー
  • トレインド・ディマティーニ・メソッドR・ファシリテーター
  • 一般社団法人浜松ヨガ協会顧問
  • 狛江市ヨガ協会顧問
  • カリフォルニア州ロイオラ・メアリーマウント大学認定グリーンヨガ指導者
  • 自然体験活動推進協議会認定自然体験活動リーダー
  • 陰ヨガ ティーチャートレーニング 修了
  • オーガニックコンシェルジェ
  • 通訳翻訳家

「transtyle」マネージャー

谷口純子

Junko Taniguchi

陸上競技選手としての夢を追い続ける中、試合中の事故により頭蓋骨骨折、脳神経断裂により意識不明状態が続き、その後奇跡的に回復するものの目標を絶たれた事での心身への影響を大きく受け引退。
メンタルトレーニングの一環として行っていた瞑想を続けるうちにハワイで一人のヨギーニと出会い、その方の考え方、生き方に感銘を受けヨガを始める。

帰国後すぐに申し込んだヨガスタジオでの養成講座を経て、中島正明氏の元RYT200修了。
リラクゼーションやストレス低減を遥かに超えた恩恵を受け、科学的根拠に基づくアプローチ、洗練されたメソッドや学びにより、かつて失った様に感じていた目標や可能性は自らの選択、思い込みであったことに気づかされる。

「一人に一つの世界、人生を本当の意味で自分らしく生きるために、教育と運動の両方により自己を洗練させていくこと。」
これをモットーに、一人でも多くの方がそれぞれ違う価値観に則った場で最高のパフォーマンスが出せる様、ヨガと瞑想という最高峰のツールを使ってサポートしたいと考え2018年福岡より上京。ヨガ・瞑想トレーニングサロンtranstyleに携わる。

  • RYT200 修了
  • 中医経絡トレーナー養成講座修了

村田良蔵

Ryozo Murata

2013年アブダビワールドプロ柔術アダルト黒帯フェザー級を制覇し、全日本タイトルを獲得。
2016年11月SJJIF(スポーツ柔術国際連盟)主催の世界選手権シニア1黒帯フェザー級柔術準優勝、ノーギ優勝。

腰痛改善のために始めたヨガに魅了され、多くの人にもっとヨガを知ってもらいたいという思いから、2014年にヨガスタジオをオープン。
翌年2015年には札幌では初のブラジリアン柔術専門アカデミー「Over Limit札幌」を札幌の中心部にオープン。多数のメディアで取り上げられている。

格闘技で培った身体の仕組みを理解し、破壊させるノウハウの逆の理論で不調を改善に導く身体の使い方や、姿勢に特化した理論的なヨガ&ピラティスが大きな特徴です。アスリートとヨガの融合、メンターである中島正明に唯一の弟子と認められそのもとで学んだ哲学・瞑想を通じて、心に伝えるヨガティチャーとして現在全国的に注目をあびている。
また、ヨガのインストラクターの指導・育成にも力を入れている。

”呼吸が変われば身体が変わり、身体がが変われば心が変わり、心が変われば人生が変わる。”
ヨガに出会ったことで腰痛から解放され、アスリートとしての身体の強さだけではなく、人間の本質的な部分から溢れ出るどっしりとした振れない心の強さと、穏やかな気持ちを手に入れることができました。
ヨガの哲学や瞑想により、いのちの働きそのものである愛をヨガを通じ様々な人に伝えていきたいと思います。

  • スポーツ柔術日本連盟SJJJF会長
  • ヨガメディテーションアカデミー札幌代表
  • 株式会社BUTTI ON LINE 代表取締役
  • ブラジリアン柔術黒帯日本チャンピオン兼メインインストラクター
  • 全米アライアンス(RYT200)認定インストラクター
  • ピラティスインストラクター

赤座綾

Aya Akaza

幼少から自然や動物や宇宙に興味を抱く。その興味は次第に、その自然を背後で息吹かせている宇宙的知性へ向いていく。
高校の物理学の師との出会いをきっかけに探求はさらに深まる。

一方で舞踊団に所属し、ダンス修行の経験の中で身心のコントロールや集中、氣のコントロールなどを体得する。
ヨガ哲学を、様々な角度から紐解き、一貫性のある講座が人気。的確かつ繊細なインストラクションは、自然と意識を深い境地へ誘う。日々瞑想を実践。

  • ファーストシップヨガスクール瞑想講師養成講座、瞑想集中講座講師
  • LAVAトップインストラクター向け特別研修講師
  • 渋谷ウタールヨガスクール レギュラークラス担当
  • 青山瞑想スペース瞑想座学と実践クラスを主催
  • 全米ヨガアライアンス認定クリパルヨガ講師
  • 均整術 氣功 無痛リンパ整体取得

※以下五十音順

糀谷枝里

Eri Kojitani

大学卒業後、大手飲食会社・コンサルティング会社で店舗運営・メニューコンサルタントとして勤務。体形維持、健康管理のために都内スポーツクラブでヨガに出会い、ヨガが生活の一部となる。 ヨガにより運動不足が解消され、フィジカル的に体が動かしやすくなった頃、スポーツクラブの仲間に誘われ、マラソン・トライアスロンに挑戦することとなる。練習を積み重ねることで目標を達成できることに感動を覚え、フルマラソン・トライアスロン合わせて年間で5大会を完走。 その中でヨガのフィジカル的な効果、メンタル的な効果を実感し、多くのスポーツを愛する人、ヨガを始めたい人にヨガの可能性を伝えたいという思いから、ヨガインストラクターの道を歩み始める。 中島正明氏に師事し、全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得。


小菅咲子

Sakuko Kosuge

YOGAを軸に、旅、ファッション、ミュージック、サーフ、食、アロマテラピーと彼女自身のライフスタイルはまさに自然体。
ひとりでも多くのみなさんに新しい気づきを見つてけてもらえたら。という想いのもとに、身体だけでなく心にも響くYOGAをシェアしている。
また、咲の声は癒しの声として多くの人へおだやかな時を届け、魅了し続けている。

現在は、都内スタジオで呼吸法、瞑想、ヨガ哲学の要素を含むベーシックなハタヨガを中心に指導中。
また、公園ヨガや湘南海岸でのビーチヨガ、DJを入れたヨガ、メンズヨガ、キャンドル作りWSとのコラボ、オーガニック野菜と自然派ワインとヨガ、グルテンフリーbeerとのコラボ、古民家での満月ヨガリトリート、ハワイ島ドルフィンスイム&YOGAリトリート、バリ島リトリートなどの企画も自主開催している。

  • 全米ヨガアライアンス認定RYT200
  • インド政府公認校TATTWAMASI YOGIC HEALING CENTER
  • 指導者養成 ヨガ哲学・ヨガセラピー 修了
  • マントラヨガ(Anandra George)TT修了
  • ヨガ解剖学ティーチャートレーニング修了
  • AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
  • アパレルブランドLalibertas director

長又みほ

Miho Nagamata

幼少期はバレエ、成人期はフラメンコを修習。バレエもフラメンコも優雅な身体操作の中に人間の可能性を観ていました。

マタニティー期にヨガと出会い、呼吸の調気法や瞑想によって深い安らぎの中でダイナミックな出産を冷静に捉え、驚く程安定したお産を経験。人は感情によって身体を緊張させたり、リラックスさせたりすることをこの時ヨガから学ぶ。
心身のストレスからバランスを崩し、崩れた心身の調和を回復するべく、ヨガを探求する道を選ぶ。
交通事故に遭い、ヨガ・瞑想・自然療法から自分の中に備わっている自然治癒力・自然回復力を確信。

ヨガ・瞑想を深める道程に、素晴らしい導師中島正明氏と出会い師事。

全身に影響を及ぼす筋膜の硬さの重積を解放し・筋肉を活性化させ、完璧なコンディションで機能するように調整し、ヨガ・アーサナから得られる効果を最大限に引き出すことに重点をおくクラスを展開。丁寧で分かりやすい誘導が定評。

心身のメンテナンスを毎日のヨガや瞑想を通して、身体を整え、可能性を信じ、自然治癒力・自然回復力を発揮できるようになる。
毎月延べ約300人を指導。人が自分の可能性に触れ感動が起こる瞬間にほぼ毎日立ち会っている。ヨガやメディテーションを日常に活かし、充実した日々の積み重ねが健康的な心身を作ることを多くの方へお伝えするために学び続けている。

  • 狛江市ヨガ協会会長
  • YOGA Orb代表
  • ヨガ・メディテーションインストラクター
  • リストラティブヨガインストラクター
  • 自然療法実践家

西川順喜

Naoki Nishikawa

ビギナーでも聞き取りやすく丁寧な誘導に定評があり、次世代ヨガティーチャーとして活動の場を広げている。消防士として長年、消火・救急・救助活動に携わる異色の経歴を持つ。バイクで交通事故に遭い、怪我のリハビリでヨガに出会い、心身共に救われる。その体験からヨガに魅了され、学びを深める内に、指導者としての道を志す。

2015年に、大阪の寝屋川市に「YOGA STUDIO BASE」を設立。また2018年春には枚方市駅前T-SITEに新しいスタジオをオープンさせ、地元大阪から元気になるヨガを発信しつげている。
現在、スタジオ経営やクラス・イベントでの指導の傍、モデルなど多方面でも活動中。

  • 全米ヨガアライアンス(RYT200)認定ヨガインストラクター
  • YOGA STUDIO BASE代表

CHIZURU

CHIZURU

フェンシング日本代表として世界選手権やアジア選手権、ワールドカップ等、世界各国を転戦。2012年に現役を引退。
翌年、国立スポーツ科学センターに入社し、アスリートのフィットネスチェックやママアスリート向けのWSの企画・運営など、あらゆる面からアスリートを支える業務に就く(2013年~2016年)。

2014年、2015年にはフェンシング日本代表のサポートで世界選手権、アジア選手権に帯同。
試合映像の収集やゲーム分析に携わる。

現在は母校の大学で体育の教員として、ヨガをはじめ多くの学生にカラダを動かすことの楽しさを伝えている。
また、同大学フェンシング部のコーチとして指導を行っている。

  • 全米ヨガアライアンス(RYT200)認定ヨガインストラクター
  • 瞑想インストラクター

山本 圭子

Kei Yamamoto

3歳からクラシックバレエを始め、身体を動かすことが大好きで、学生時代には体操、水泳、ジャズダンスに取り組む。
大手サプリメント会社に勤めるも、改めて運動の大切さを感じ、心機一転スポーツインストラクターへの道を進む。
パーソナルトレーナー、エアロビックインストラクターとして暮らし、趣味ではロードバイクをする中でヨガと出会い、他のスポーツでは味わったことの無い心の安定、癒しを感じる。
この素晴らしい感動を多くの方に広めたいと、ヨガ指導者となる。

2014年『Studio Kei』設立
朝ヨガクラス、ママヨガクラスをスタート。

その他、日本橋でヨガクラスを主催、企業研修ヨガも行う。

  • 全米ヨガアライアンスRYT200ヨガインストラクター
  • Three minute egg インストラクター
  • IHTA 5min Yoga Exercise Teacher
  • IBMA パーソナルストレッチトレーナー
  • IBMA ヨガインストラクター
  • MDA セルフリンパドレナージュセラピスト
  • フットリフレクソロジーセラピスト

森 千絵

Chie Mori

「一生続けられる仕事」を探す中ヨガに出会う。身体を整えるものだと思っていたヨガが「生き方そのもの」である事を知り、更にヨガの魅力に引きつけられていく。 2005年よりインストラクターとして活動をスタート。ヨガスタジオ、スポーツクラブなどで経験を重ね、更にワークショップ開催やスタジオプログラム監修、インストラクター養成コース講師を務め、数多くのインストラクターをヨガ界へ送り出す。分かりやすく、楽しい講義が好評で、多くの生徒からの支持を受ける。 ヨガジェネレーションRYT200 ヨガインストラクター養成講座 サブティチャーとして、携わっている。 現在フリーヨガインストラクターとして活躍する中、「Anantam」を主宰。都内を中心にヨガ、瞑想レッスンだけなく、全国でワークショップ、ヨガリトリート、イベント等を企画、運営。 ヨガや瞑想を通じ、自己の無限な可能性に気づけるような自由で、心地よく、マインドフルネスな感じるヨガをシェア&発信し続けている。