teacher

講師紹介

「transtyle」主宰・メイン講師

中島正明

Masaaki Nakajima

通っていた塾の先生の影響から、世界に羽ばたくことに憧れる子供時代を過ごす。
18歳で渡米。それから日本とアメリカを行き来する生活を送る。
そのうち、通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を始める。
帰国後、テレビ局などで通訳/翻訳業を生業としながらも、世の中のゆがみに気付き始め、環境保全活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。

いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。
その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。
そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。

個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、環境保全活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。
これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。

ヨガと瞑想を「最高峰の人間開発ツール」と位置づけ、様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、また、様々な学問的・科学的アプローチによって確実に結果の出るメソッド提供、楽しく笑いの絶えない場づくりが好評を博している。
現在はヨガ講師の養成を中心に、ほぼ毎日ヨガと瞑想を教える共に、ヨガと瞑想を深める自己研鑽の日々を過ごしている。

  • ヨガ・瞑想実践家
  • 全米ヨガアライアンス公認熟達500時間ヨガ講師(E-RYT500)
  • 全米ヨガアライアンス公認継続学習プログラム提供講師(YACEP)
  • 米国クリパルセンター公認クリパルヨガ・ティーチャー
  • 公認シバナンダヨガ・ティーチャー
  • トレインド・ディマティーニ・メソッドR・ファシリテーター
  • 一般社団法人浜松ヨガ協会顧問
  • 狛江市ヨガ協会顧問
  • カリフォルニア州ロイオラ・メアリーマウント大学認定グリーンヨガ指導者
  • 自然体験活動推進協議会認定自然体験活動リーダー
  • 陰ヨガ ティーチャートレーニング 修了
  • オーガニックコンシェルジェ
  • 通訳翻訳家

「transtyle」マネージャー

谷口純子

Junko Taniguchi

陸上競技選手としての夢を追い続ける中、試合中の事故により頭蓋骨骨折、脳神経断裂により意識不明状態が続き、その後奇跡的に回復するものの目標を絶たれた事での心身への影響を大きく受け引退。
メンタルトレーニングの一環として行っていた瞑想を続けるうちにハワイで一人のヨギーニと出会い、その方の考え方、生き方に感銘を受けヨガを始める。

帰国後すぐに申し込んだヨガスタジオでの養成講座を経て、中島正明氏の元RYT200修了。
リラクゼーションやストレス低減を遥かに超えた恩恵を受け、科学的根拠に基づくアプローチ、洗練されたメソッドや学びにより、かつて失った様に感じていた目標や可能性は自らの選択、思い込みであったことに気づかされる。

「一人に一つの世界、人生を本当の意味で自分らしく生きるために、教育と運動の両方により自己を洗練させていくこと。」
これをモットーに、一人でも多くの方がそれぞれ違う価値観に則った場で最高のパフォーマンスが出せる様、ヨガと瞑想という最高峰のツールを使ってサポートしたいと考え2018年福岡より上京。ヨガ・瞑想トレーニングサロンtranstyleに携わる。

  • RYT200 修了
  • 中医経絡トレーナー養成講座修了

吉田雅俊

Masatoshi Yoshida

<全米ヨガアライアンス200時間修了/理学療法士/高等学校教諭一種免許状(地理・歴史)/中学校教諭一種免許状(社会)/NASYUインソールマイスター>

●経歴 大学在学中、教員免許を取得。教職課程の介護体験で初めて理学療法士(Physical therapist:PT)と出会う。PTは人の“身体(カラダ)”と“心(ココロ)”に対しアプローチすることを知り、興味を持ちPTを志す。

PTの国家資格を取得し、病院にて入院・外来患者さんを担当し日々奮闘する。
治療を行う中で改めて運動の大切さを実感し、運動療法として一般的なヨガに興味を持ちRYT200を取得。
PTの得意とする“アセスメント(評価)”をヨガやファンクショナル・エクササイズなど運動療法に取り入れ、痛みなく動くことを指導する。

学生時代は幼少期から高校卒業まで野球を行っており、都内でも有数の強豪校に進学し、野球の道を深める。
大学時代はサーフィンに没頭し、今でも趣味活動を行いながら自然の原理原則がカラダやココロと深く繋がっていることを実感している。


糀谷枝里

Eri Kojitani

大学卒業後、大手飲食会社・コンサルティング会社で店舗運営・メニューコンサルタントとして勤務。体形維持、健康管理のために都内スポーツクラブでヨガに出会い、ヨガが生活の一部となる。 ヨガにより運動不足が解消され、フィジカル的に体が動かしやすくなった頃、スポーツクラブの仲間に誘われ、マラソン・トライアスロンに挑戦することとなる。練習を積み重ねることで目標を達成できることに感動を覚え、フルマラソン・トライアスロン合わせて年間で5大会を完走。 その中でヨガのフィジカル的な効果、メンタル的な効果を実感し、多くのスポーツを愛する人、ヨガを始めたい人にヨガの可能性を伝えたいという思いから、ヨガインストラクターの道を歩み始める。 中島正明氏に師事し、全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得。


※以下五十音順

山本 圭子

Kei Yamamoto

3歳からクラシックバレエを始め、身体を動かすことが大好きで、学生時代には体操、水泳、ジャズダンスに取り組む。
大手サプリメント会社に勤めるも、改めて運動の大切さを感じ、心機一転スポーツインストラクターへの道を進む。
パーソナルトレーナー、エアロビックインストラクターとして暮らし、趣味ではロードバイクをする中でヨガと出会い、他のスポーツでは味わったことの無い心の安定、癒しを感じる。
この素晴らしい感動を多くの方に広めたいと、ヨガ指導者となる。

2014年『Studio Kei』設立
朝ヨガクラス、ママヨガクラスをスタート。

その他、日本橋でヨガクラスを主催、企業研修ヨガも行う。

  • 全米ヨガアライアンスRYT200ヨガインストラクター
  • Three minute egg インストラクター
  • IHTA 5min Yoga Exercise Teacher
  • IBMA パーソナルストレッチトレーナー
  • IBMA ヨガインストラクター
  • MDA セルフリンパドレナージュセラピスト
  • フットリフレクソロジーセラピスト

西林沙紀

Saki Nishibayashi

大学で社会福祉学を専攻。
人と接すること、特に子供と関わることが好きで児童養護施設でダンス指導のボランティアを行う。

大学卒業後、大手ヨガスタジオでインストラクターデビューし、年間500本近くのレッスンを担当。


国内ではヨガは女性のものというイメージがまだ強いが、老若男女、幅広い層の方にヨガを楽しんでほしい

ヨガを通して、一人でも多くの人に心も身体も健康になってほしいと考えるようになった。
ラジオ体操くらいヨガを普及させることが目標。

ヨガのレッスンは初心者向けの内容から疲れを癒すリラックス系のものやシェイプアップを目的としたものまで幅広く対応。

 

Missworld2018日本大会🇯🇵ミスヨガ賞

 

【資格】
RYT200(全米ヨガアライアンス)
トラウマアプローチヨガ
リストラティブヨガ