中島正明

通っていた塾の先生の影響から、世界に羽ばたくことに憧れる子供時代を過ごす。
18歳で渡米。それから日本とアメリカを行き来する生活を送る。
そのうち、通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を始める。
帰国後、テレビ局などで通訳/翻訳業を生業としながらも、世の中のゆがみに気付き始め、環境保全活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。

いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。
その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。
そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。

個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、環境保全活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。
これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。

ヨガと瞑想を「最高峰の人間開発ツール」と位置づけ、様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、また、様々な学問的・科学的アプローチによって確実に結果の出るメソッド提供、楽しく笑いの絶えない場づくりが好評を博している。
現在はヨガ講師の養成を中心に、ほぼ毎日ヨガと瞑想を教える共に、ヨガと瞑想を深める自己研鑽の日々を過ごしている。

  • ヨガ・瞑想実践家
  • 全米ヨガアライアンス公認熟達500時間ヨガ講師(E-RYT500)
  • 全米ヨガアライアンス公認継続学習プログラム提供講師(YACEP)
  • 米国クリパルセンター公認クリパルヨガ・ティーチャー
  • 公認シバナンダヨガ・ティーチャー
  • トレインド・ディマティーニ・メソッドR・ファシリテーター
  • 一般社団法人浜松ヨガ協会顧問
  • 狛江市ヨガ協会顧問
  • カリフォルニア州ロイオラ・メアリーマウント大学認定グリーンヨガ指導者
  • 自然体験活動推進協議会認定自然体験活動リーダー
  • 陰ヨガ ティーチャートレーニング 修了
  • オーガニックコンシェルジェ
  • 通訳翻訳家